情報通信アクセスエンジニアリング事業

ブロードバンドの基板を構築して高速情報時代を支えています。

P1020999_大

現代の高速情報ネットワークは、主に光ファイバーに支えられています。

この光ファイバー網の構築は、送電線建設で技術力を鍛え上げてきた佐藤建設工業にとって、得意分野であるといえます。

送電線網とともに張りめぐらされたOPGW(光ファイバー複合架空地線)から、一般家庭へ届けるラストワンマイルまで、私たちは明日の情報通信の基板を構築しています。

大切なのは「ラストワンマイル」

一般家庭でも、動画などの大容量データの送受信が当たり前になってきているいま、情報通信網をビルの1棟1棟、家庭1軒1軒にまで届ける「ラストワンマイル」、つまりFTTH(Fiber To The Home)はますます重要になっています。これはいわば、情報の毛細血管を形づくる仕事といえるでしょう。インターネットによるテレビやレンタルビデオの視聴、クラウド化、スマート家電など、これからの情報ネットワーク社会の一環を、私たちは支えています。

  • P1020951_小01
  • P1020947_小02

CATVではトータルエンジニアリング力を発揮

マルチメディアの代表ともいえるCATVも、光ファイバー網に支えられています。佐藤建設工業では、ルート設計からケーブル敷設、メンテナンスに至るまで、トータルエンジニアリング力を発揮。CATV局のヘッドエンドから各家庭へ、高品質な画像を送り届けています。

関連ワード

当社の事業・技術などに関するお問い合わせはこちらへ

お問い合わせフォーム

佐藤建設工業株式会社 東京都品川区東大井5-12-10  代表TEL:03-5715-2520